個展「人物相関図」を終えました。

東京のギャラリーなつかにて開催致しました玉井佐知展「人物相関図」にお越しいただき、ありがとうございました。

初めての東京での個展、今回は壁面ではなく天井や梁から作品を吊り下げ、空間をつくるインスタレーション展示に挑戦しました。

一枚の布に人間を表裏から染め付けたい―そんな思いが強くなりタペストリーの形態となりました。
布である必然性を探りたいのです。

人は人間関係の中で生きているということ。
関わりを持つことで初めて「人間」となり、他者の存在によって私は何者なのかが見えてきます。
その起点はシンプルに、家族にあるのかもしれません。制作中は自身のルーツを辿る大旅行のようでした。

会期中にいただいた言葉の中に「個人が輝くのは関係性の中で他者のために生きていくこと」がありました。
私が人間を作りたい理由、そして根底が見えた気がしました。
ありがとうございました。

皆様方からの沢山のお言葉、また出会いに感謝し、次の制作にも励みたいと思います。

 

 

“Connection Genesis”

 

Thank you very much for coming to see my exhibition “Connection Genesis” at Gallery Natsuka. This was my first exhibition in Tokyo. I hung my artworks from the ceiling and timbers to create spaces within the installation.

 

I was eager to show both sides of human forms, so I dyed cloth for these artworks, and exhibited them like tapestry.

 

People thrive because of human connections. Connections create our humanity and allow me to understand who I am.I think this connection origin comes from my family.

Making these artworks was like a big trip to search for my roots.

One visitor to the gallery told me: “An individual shines by living for others in a human connection.”

I felt I knew the reason why I represented humans in these works, and what the meaning is.

 

I appreciated meeting all of you during this 6-day exhibition, and am grateful for your advice and encouragement.

I will plan now for my next works.

Thank you very much.